本文へジャンプ

*Replanの本

目次


東北VOL.35 2012年4月21日発売

2012年4月21日発売・2012年春夏号・A4版・定価440円(税込)

【特集】いっしょ住みのメリット
「核家族」は家族の一般的な単位。しかし、最近では親子や兄弟、姉妹で 一緒に暮らそうと考える人たちが増えてきているようです。
さらには、家族のようなつながりを持つ集合住宅や人とのつながりを求めて 仲間と暮らすシェアハウスも。
そのきっかけの一つと言えるのが、昨年の3月に発生した東日本大震災。
「大切な人と一緒に暮らしていたい」「万が一のとき、近くに」 そう考えるようになった人も多くなったのでしょうか。
安心感はもちろん、土地の共有やローンなど、多世帯で住むことにはメリット もたくさん。そして何より、集まって住むって楽しいらしいのです。

Contents

●特集/いっしょ住みのメリット
青森特集 絆、つくり手と住まい手のいい関係
●「ふくしまの家・復興住宅供給システム」プロポーザル(提案コンペ)
リフォーム特集
●今こそ大切にしたい家づくり〈岩手・宮城・福島〉
●NPO 住宅 110番
●TOHOKU ARCHITECT
 岩手県「八幡平の山荘」SOYsource 建築設計事務所
 福島県「vintage modern」増子 順一


¥440  

 数量 :

性能とデザイン いい家大研究「編集長ブログ
編集部のこぼれ話「編集部ログ


カート確認

■買物カゴの中身を確認 :

Replanの本menu

Replanとは

Replan編集長ブログ

住宅雑誌RepanTwitter

  • Replanメールマガジン
  • Replanお問い合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加